TOP支部・グループ > 神奈川支部
MENU
トップページ
校友会とは
本部からのお知らせ
支部・グループ
リンク
お問い合わせ
個人情報取扱規程
神奈川支部
【神奈川支部】ぶらりと歩こう会2月3日 報告
2月3日開催のぶらりと歩こう会「元八幡と光明寺(高倉健の墓)から和賀江島」は13名の参加です。その夜のブラタモリの冒頭になんとなんと元八幡が紹介されると参詣者が教えてくれました。番組では元八幡(由比若宮)を鎌倉の中心に鶴岡八幡宮として遷座した源頼朝の街づくりを紹介し、最後には昨年に訪れた幻の永福寺跡で終わりました。偶然とは言え観光客があまり行かない場所です。さて鎌倉駅から若宮大路を海に向かって歩き江戸末期生麦事件の後に鎌倉でも英国人を斬殺した場所や浜の大鳥居跡を巡りました。
そして冒頭の元八幡(由比若宮)は源頼朝の祖先頼義が源氏の守り神である京都の石清水八幡宮を勧請した場所です。頼義の長男義家が手植えした松の残痕もテレビで放映されました。そこから閑静な住宅地を三浦一族のゆかりの来迎寺、江戸時代の神輿が三基残る五社神社を歩き、子供たちが歓声を上げて走り回る公園で小休憩し、鎌倉市内最大の木造建築の本殿がある光明寺へ行きました。門前から材木座海岸は目の前、富士山もチラリと眺められました。荘厳な浄土宗大本山でもある光明は広い境内がひっそりとしています。
山門を潜ると右側に国民的名優高倉健の墓石があります。墓らしくないデザインは高倉健の身長の高さ180cmに生涯の節目を刻んであります。映画初出演の年、出演した映画の台本の高さなどです。参加者からは想い出の作品名が色々出ました。お寺を出て国道の下を潜ると和賀江島の近くに出ます。和賀江島は鎌倉時代に遠浅の浜に築造された最古の港で、海岸から100m程のところに丸い大きな石が積み重なっているのが見えます。ここからは弓なりの鎌倉の海岸線、稲村ケ崎と江の島、遠くにぼんやりと箱根から伊豆半島が望められました。
2024/02/04
【神奈川支部】ぶらりと歩こう会2月3日ご案内
2024年最初のぶらりと歩こう会は2月3日(土)に「元八幡宮と光明寺(高倉健の墓)から和賀江島」として開催します。集合はJR鎌倉駅東口改札口前に午前9時30分です。今回は観光客がなかなか訪れない鎌倉の一面を歩く平坦なコースです。駅から先ずはおしゃれなお店が続く若宮大路を海岸方面に歩きます。横須賀線のガードを潜ると下馬(げば)の交差点近くには鶴岡八幡宮創建時の浜の大鳥居があり、当時は前浜と呼ばれる海が近くに迫っていました。ここで武士が馬を降りたので下馬の地名が残っています。
鎌倉女学院の手前を曲がり、狭い道路を行くと源頼朝の祖先相模守頼義が戦の神さま京都の石清水八幡宮の祭神を移し祀った由比若宮と呼ばれる鶴岡八幡宮の元八幡があります。頼朝が拠点を源氏のゆかりの地鎌倉に据えた理由の一つです。ここからは材木座の山裾の静かな住宅地を歩き、幾つかのお寺や神社横を通ると浄土宗大本山光明寺にたどり着きます。長谷寺展望台から逗子方面を眺めると目立つのが鎌倉で一番大きな木造建物の光明寺です。山門近くには名優高倉健の墓がひっそりとあります。
身長の高さと同じ墓石には彼の記念すべき年や出演本数などが意匠として刻まれています。光明寺を出て湘南道路国道134号線の下をくぐり海岸に出ると干潮時に姿を現す和賀江島が見えます。鎌倉開府移行物流の増大に伴い鎌倉前浜といわれる推進の浅い海岸に日本最古の港を築き栄えた場所です。鎌倉駅までの帰路はバスの利用が出来ます。  参加申し込みは1月31日(水)までに髙橋国夫へご連絡ください。 携帯:090-8842-6568 Mail:kuni3pdb@docomo.ne.jp 
浄土宗大本山光明寺
2024/01/23
【神奈川支部】ぶらりと歩こう会12月2日ご報告
師走の2日(土)のぶらりと歩こう会は晴天に恵まれ「幻のゴルフ場クラブハウスと藤澤洋蘭で目の保養」を9名の参加です。1932年(昭和7年)に開業し、わずか11年で幻となった藤澤カントリー俱楽部は小田急線善行駅の一帯にありました。20万坪の敷地に6383ヤード、18ホールを高低差の地形を巧みに取り入れたコースは富士山や伊豆、箱根、丹沢の山並みや眼下に江の島から広がる相模湾の眺望を誇りました。開業翌年には日本プロゴルフ選手権が開催され、米国大リーグ選抜チームで来日したベーブルースもプレイをしました。
3階建てコンクリート造でスパニッシュ様式を取り入れたクラブハウスだけが現存します。太平洋戦争によりゴルフ場が閉鎖に追いこまれ、戦後ゴルフ場は学校、児童福祉施設、県の体育施設などになりました。クラブハウスは近くにあった藤沢飛行場の司令部として使われ、終戦後は米軍の接収になり、県の運動施設時代には各種競技の合宿地となりました。戦前のクラブハウスで現存する貴重な建造物として、現在は改修が行われ往時の面影が残り国の登録文化財になっています。記念撮影後には藤澤洋蘭までさらに歩きます。
園主の湯澤与志男さんから施設野菜から洋蘭栽培に経営転換するまでの苦労、カトレアと胡蝶蘭の栽培の違いや洋蘭を取り巻く業界の裏話、最近の温度管理の経費増大などの説明を受けました。また、購入後の栽培のポイントとして温度や水やり、日照などの要点も教えてもらいました。併設する直売所では歳末展示で色とりどりや大小の洋蘭を見ることも出来、市中の花屋さんより安い値札に驚きました。自宅用に購入し宅配を頼んだ参加者もいました。会はここで解散し、希望者はその後歩いてJAさがみの大型直売所で各種野菜などを購入しました。
2023/12/03
【神奈川支部】第42回定期総会開催のご報告
11月19日 さわやかな秋空の下、「神奈川支部総会」をHOTEL THE KNOT YOKOHAMA にて開催しました。
山本校友会会長はじめ、東京・埼玉・千葉・静岡の近隣支部様よりご来賓をお迎えし、神奈川支部会員でもある校友会副会長2名も参列。40名ほどの参加を頂き、議事は滞りなく承認されました。

講演会は専修大学名誉教授で社会学博士の望月宏先生です。
日銀勤務時代(1970年台)にPIPS(表計算言語、エクセルの元)の開発をなさり、日本の初期のパソコンの歴史そのものの興味深いお話を伺いました。
アメリカ、コーネル大学とハーバード大学への留学を経て、専修大学では「社会を導く人を育てる」ことにご尽力されました。

退官後は歌で社会貢献をしたいとCDを出され、アランドロンの「太陽がいっぱい」をテーマにご自身で作詞された歌の披露です。
自分を許し、相手を許す、懐かしの気持ち。地中海の太陽。いつわりの恋も、いつわりの愛も、はかなく消えてしまう。愁いを含む刹那の夢はまぼろしか。
小山明子さんの朗読とともに、せつない曲の優しい歌声に魅了され、2曲目の「オーソレミオ」は声量のある歌声に圧倒されました
懇親会は久し振りの参加の方もいて、ご来賓をはじめ全員ひとこと挨拶。自己紹介や近況の報告に耳を傾けながらの会食。「お酒の話、お酒と一緒にやわらぎ水を飲みましょう」や「台湾台中の話、中国茶は一煎目を捨て二煎目からをおいしく頂く」というお知恵もいただきました。校友会会長の「猫の話」など、堅苦しい会議とは違う楽しいお話などもあり、時間いっぱいまでおしゃべりを楽しみました。
4年ぶりの対面での総会懇親会は賑やかに楽しく盛り上がりました。
2023/11/21
  次へ→
支部・グループ一覧
北海道支部(4)
岩手支部(19)
秋田支部(1)
宮城支部(10)
山形支部(9)
福島支部(21)
茨城支部(75)
群馬支部(18)
埼玉支部(77)
千葉支部(3)
東京支部(87)
神奈川支部(97)
新潟支部(48)
富山支部(5)
長野支部(29)
静岡支部(26)
中京支部(24)
関西支部(127)
岡山支部(11)
広島支部(6)
山口支部(35)
山陰支部(2)
四国支部(9)
福岡佐賀支部(28)
長崎支部(3)
鹿児島支部(6)
めぐろ会(49)
広報部会(22)
財務部会(1)
支部G部会(26)
交流部会(19)
校友大会部会(12)
本部理事(72)

   
北海道支部(4)
岩手支部(19)
秋田支部(1)
宮城支部(10)
山形支部(9)
福島支部(21)
茨城支部(75)
群馬支部(18)
埼玉支部(77)
千葉支部(3)
東京支部(87)
神奈川支部(97)
新潟支部(48)
富山支部(5)
長野支部(29)
静岡支部(26)
中京支部(24)
関西支部(127)
岡山支部(11)
広島支部(6)
山口支部(35)
山陰支部(2)
四国支部(9)
福岡佐賀支部(28)
長崎支部(3)
鹿児島支部(6)
めぐろ会(49)
広報部会(22)
財務部会(1)
支部G部会(26)
交流部会(19)
校友大会部会(12)
本部理事(72)